スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答申後に意見書提出へ-診療報酬改定で日病協(医療介護CBニュース)

 日本病院会など11団体でつくる「日本病院団体協議会」(日病協、議長=小山信彌・日本私立医科大学協会病院部会担当理事)は1月29日、代表者会議後に記者会見を開いた。小山議長は、2月中旬に予定されている診療報酬改定案の答申を受けた後、3月初旬の告示に間に合うよう日病協としての意見書を厚生労働省に出す考えを示した。

 小山議長は、「毎回、(答申で)『評価されて良かった』と思ったにもかかわらず、告示の中でいろいろな制限が加わったことがあった」などとし、答申から告示の間に、日病協として「言うべきこと」を意見書に取りまとめ、厚生労働省に提出する意向を示した。

 4月の診療報酬改定について小山議長は、日病協が強く求めていた入院基本料の大幅な引き上げに言及し、「入院基本料という形ではなかなか(アップ)していないが、いろいろなところに散りばめてある」と述べ、日病協の意見が「少しは通った」と評価した。また、これまでの3度にわたる要望書提出などにより、「今までの改定に比べるとものすごく反応があった」と述べた。
 同席した邉見公雄副議長は、2010年度改定で見送りとなった、DPC対象病院での病棟薬剤師配置の評価と、救急救命センターを受診した軽症患者への特別料金徴収について、「今後の問題」とし、12年度改定へ向けて前向きに検討するとした。また、地域の特性を生かした評価方法を検討するため、「説得力のある」データの収集を進める必要性を指摘した。

■医療ADR連絡協議会委員に小山議長
 また、この日の代表者会議では、厚労省から依頼のあった医療ADR(裁判外紛争処理)に関する連絡協議会の委員派遣について、小山議長を委員とすることを決めた。


【関連記事】
同時改定に向けて決意―日病賀詞交歓会で山本会長
診療報酬改定の最終要望「第三報」を提出-日病協
次期改定要望に「効率的な人材活用」などを追加―日病協
日病協・小山議長らが厚労相を表敬訪問
診療報酬改定のずれ込みを懸念-日病協・小山議長

<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める-大阪高裁(時事通信)
<千葉・市川市>入札参加業者のメールアドレス、見せて送信(毎日新聞)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言-自民幹事長(時事通信)
スポンサーサイト

老舗旅館社長ら書類送検=不正に中国人働かせた疑い-警視庁(時事通信)

 日本に在留する中国人の女を不正に旅館に派遣し、働かせたとして、中国籍でブローカーの男(33)ら5人が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策1課などは25日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、富山・宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」の男性社長(59)=黒部市=を書類送検した。
 女の在留資格を不正に変更したとして、同法違反(資格外活動)ほう助容疑で、男性行政書士(70)=東京都墨田区=も書類送検した。
 同課によると、いずれも容疑を認め、社長は「途中で気付いたが、人手不足で見て見ぬふりをした」と説明。2年前から延べ約15人の中国人を働かせたという。 

【関連ニュース】
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用
元従業員の男逮捕=会社役員殺害容疑
入管汚職、再発防止に全力=千葉法相
偽装認知容疑で初逮捕=子に日本籍、比国人女ら2人

<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
春闘 首相「定昇難しい」(産経新聞)
小沢氏の国会招致に否定的=民主・輿石氏(時事通信)
小沢氏問題 予算成立遅れ懸念 東北各県知事、捜査の在り方賛否(河北新報)

<生きる>横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了(毎日新聞)

 小児がん征圧キャンペーンのチャリティーコンサート「生きる~2010若い命を支えるコンサート~」が23日、横浜市西区の横浜みなとみらいホールで開かれた。

 昨年11月から同市で続く音楽祭「クラシック・ヨコハマ」(毎日新聞社、横浜市など主催)のフィナーレ。バイオリニストの前橋汀子さんや昨年6月に米国のバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんらが、澄んだ音色を響かせ、皇后さまや子どもたちなど約2000人を魅了した。

 「病気と闘う子どもたちや家族のために」と、前橋さんや辻井さんといった第一線で活躍する音楽家に加え、昨年の全日本学生音楽コンクールバイオリン部門小学校の部1位の小学6年、辻彩奈さんが演奏、円光寺雅彦さんの指揮で神奈川フィルハーモニー管弦楽団も舞台を盛り上げた。

 コンサート終了後には、子どもたちが出演者の楽屋を訪問した。前橋さんらが「これまで本当に頑張ってきてえらい。これからはいろんなことに挑戦して、楽しく過ごしてください」とあいさつ。子どもたちは、花束やプレゼントを渡した。

 脳腫瘍(しゅよう)を克服した、東京都世田谷区の高校1年、吉田ももさん(16)は「音楽を通して病気のことを伝えてもらうと、プラスのイメージで理解してもらえるのでとてもうれしい」と笑顔をみせた。【田村彰子】

両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)
小泉ジュニアや「美人市議」も登壇…自民党大会(読売新聞)
<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)

<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)

 国が群馬県長野原町の利根川水系吾妻(あがつま)川に計画する八ッ場(やんば)ダムの建設事業負担金を巡り、千葉県が支出するのは違法として、市民団体が県知事らに過去に支出した負担金約65億円の返還などを求めた住民訴訟で、千葉地裁(堀内明裁判長)は19日、原告の訴えを棄却する判決を言い渡した。

 同様の訴訟は利根川流域の6都県で起こされ、東京、前橋、水戸の各地裁はいずれも原告の主張を退ける判決を出している。今回の判決は、政権交代直後に前原誠司国土交通相が八ッ場ダム建設中止の方針を打ち出して以来、初の司法判断として注目されていた。

 原告は「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」の会員51人。「県の水需要予測は著しく過大で、今の保有水源で間に合う。治水効果も期待できない。事業費の一部負担に合理的な根拠はなく、地方自治法などに違反する」とし、03~09年の負担金約65億円を堂本暁子前知事ら幹部に返還させ、今後の負担金を支出しないよう県に求めていた。

 これに対し、県側は「利水と治水の両面で必要なダムで、支出は正当だ」と反論していた。【神足俊輔】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
雑記帳:CD「八ッ場エレジー」やるせなさ託し
群馬・八ッ場ダム建設:地元で24日、意見交換会を開催

<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)
得点調整行わず=センター試験(時事通信)
社民党、参院選で日森、大川両氏を公認(産経新聞)
ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目-新潟(時事通信)

石川容疑者逮捕を批判する会合「不当逮捕という認識で一致した」(産経新聞)

 民主党の当選2回の衆院議員が18日午後、国会内で会合を開き、当選同期の石川知裕容疑者(同党衆院議員)が東京地検特捜部に逮捕されたことを批判する発言が相次いだ。

 会合は「石川知裕代議士の逮捕を考える会」。同党の衆院当選2回の同期会(福田昭夫会長、鷲尾英一郎事務局長)が呼びかけたもので、同期16人のうち13人が出席した。

 福田氏は「理由がはっきりしない中で、国会開会前に逮捕という暴挙が行われた」と検察の対応を批判した。専門家として招かれた元検事の郷原信郎弁護士は「(今回のケースで)政治資金規正法違反で強制捜査するのが適切か疑問だ」と指摘した。

 出席者によると「不当逮捕という認識で一致した」という。

【関連記事】
「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判
選挙の影響懸念「小沢氏、説明を」 茨城県内民主関係者に動揺
辞任論封じ込めへ小沢幹事長、特捜尻目に参院選へ気勢
石川容疑者、旧知の議員に「死にたい」 不安漏らす
石川知裕容疑者「恥ずかしいことしてない」

<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
<小沢幹事長>「近々中に理解得られる状況作る」(毎日新聞)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初-静岡地裁(時事通信)

江戸の味でツリー下商店街を活性化(産経新聞)

 蛤(はまぐり)田楽やかぼちゃ餅など江戸時代に庶民の味として親しまれたメニューを通じて、東京スカイツリー開業を控えた東京都隅田川両岸エリアを活性化させるプロジェクトが進められている。24日、墨田区吾妻橋のすみだリバーサイドホールで、これらの料理を紹介するイベント「~鬼平に想いを馳せて~江戸の味わい祭り」を開催。メニューは周辺老舗飲食店で3月末まで味わえる。

 この催しは都商店街振興組合連合会の取り組み。スカイツリー誕生で世界中から多くの観光客が集まるのを前に、江戸の下町文化をはぐくんだ隅田川両岸の墨田、浅草両地域に新たな名物を定着させ、活気を作り出すことが狙いだ。

 復活させる料理は蛤田楽▽海老の煮出し▽かぼちゃ餅▽風呂吹ねぎ-など11品目。江戸懐石近茶流(きんさりゅう)宗家として知られ、港区赤坂で「柳原料理教室」を主宰する柳原一成氏と、副主宰の柳原尚之氏が監修し、江戸庶民料理を再現した。

 24日のお披露目イベントでは浅草の「駒形どぜう」や「大黒屋天麩羅(てんぷら)」、錦糸町の人形焼き「山田家」など老舗10店が出店する屋台で、先着300人にこれらの料理が振る舞われる予定。このほか、地元住民が伝統芸を披露し、池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」の舞台であることをパネルで紹介。歴史好きで知られるファッションモデルで女優の杏さんや雑誌「WiLL」編集長の花田紀凱氏のトークショーもある。

 午前11時~午後4時半。入場無料。問い合わせは江戸の味わい祭り事務局(電)03・3595・7135。公式サイト(http://www.edonoajiwai.jp)で料理の写真が見られる。

<衆院予算委>天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)
こわばる民主議員、小沢氏に説明求める声(読売新聞)
代替案などの意見を募集=ダムに頼らない治水で-国交省有識者会議(時事通信)

モンキードッグ “猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)

 「犬猿の仲」を利用して、ニホンザルによる農作物被害を防ぐ取り組みが広がっている。農家の飼い犬を訓練し、猿を追い払わせる「モンキードッグ」の導入だ。深刻な悩みを愛犬は解決できるだろうか。【春増翔太】

【写真特集】したたか、箕面のおばあちゃんザル…メロンパン攻防は続く

 昨年11月中旬、山梨県は初めて、モンキードッグの研修会を開き、飼い主約30人と訓練中の犬10匹が参加した。県内の自治体や農協職員ら約50人が見守る中、飼い主に連れられた犬が山に入って30分。「キーキー」という鳴き声を残し、猿の群れが林の奥へ去っていった。県農業技術課によると、芋類やトウモロコシなど、猿に食い荒らされる被害は年間約7000万円。他の動物による被害が減る中、猿だけは横ばいが続く。人を怖がらず、電気の流れる柵も巧みに避ける。そうした知恵が猿にはあるようだ。

 トレーニングでは、犬に猿のにおいを覚えさせ、猿に気付いたらほえ、追いかけさせる。NPO法人「地域交流センター」(東京都)でインストラクターを務める長野県小諸市の獣医師、山下国広さん(56)によると、犬種は問わないが小型犬は向かない。「愛犬が猿を追い払ったら、思いっきり喜んでもらいます」。飼い主の協力も不可欠だ。同センターの米村洋一さん(66)は「猿は犬自体を嫌うのではなく、犬の攻撃的な行動を警戒するようだ」と話す。

 岩手県釜石市や三重県松阪市などもモンキードッグの訓練を始めた。全国で初めて予算化した長野県大町市は05年以降、毎年3~4匹を訓練し、現在は19匹が市内各所の畑を守っている。ただし、今のところは劇的な効果をあげていない。「猿は犬のいる畑を避け、隣の畑を荒らす。すべての畑に犬を配置できない」(同市)からだ。攻撃されないと分かれば、猿は犬を怖がらなくなる。木の上で農作物を食べて挑発することもあるという。

 米村さんも「犬だけでは限界がある」と話す。猿は見張りを置くなど組織的に動く。「人と犬が地域全体のチームワークで対抗しないと」。人と犬、柵による対策を組み合わせるなど、猿との知恵比べはまだ続きそうだ。

【関連ニュース】
【写真特集】「銀色」の母から「金色」の赤ちゃん…など 猿も犬も満載、毎日動物園
【関連記事】「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス
【関連記事】犬と猿の「協力」といえば…まんが日本昔ばなし「桃太郎」などが切手に
【写真特集】渡辺満里奈:メス上位のサルの生態を紹介 「我が家は同等です」

人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)
<宝塚歌劇団>雪組トップの水夏希さん退団へ(毎日新聞)
阪大 マスク2万6000枚用意 あすからセンター試験(産経新聞)
警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕-大阪府警(時事通信)

政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)

 「憲法の精神を守った」。20日、北海道砂川市の市有地の神社を巡る2件の政教分離訴訟のうち最高裁が1件で違憲判断を示したことを受け、元中学教諭でクリスチャンの原告、谷内栄さん(79)は笑顔を見せた。「1件は負け、もう1件も差し戻されたのは意外だが『憲法的には勝った』という気持ち。闘いは続くがこの判決が土台になる」と語った。

 午後3時半過ぎ、最高裁前。谷内さんらは「最高裁は憲法を守った!」「富平(とみひら)不当判決」の二つの幕を支援者に掲げた。その後、弁護団が東京・永田町で記者会見し、空知太(そらちぶと)神社訴訟の違憲判決について「明確に違憲と宣言し歴史的な意義がある。国家と宗教の分離という理想への一歩」「全国に多数ある同じ事例に見直しを迫るメッセージになる」と口々に評価した。

 ただ高裁に差し戻しとなった点には「市に『待ってあげるので何とかしなさい』と言っているようだ」。富平神社訴訟の敗訴については「(土地を町内会に無償譲渡して)違憲状態から戻したのだから水に流そう、という判断で中途半端」と批判した。

 谷内さんが政教分離にこだわる理由は戦中の体験にある。「皇国少年だった」という谷内さんは天照大神の札に毎日手を合わせた。15歳で海軍航空隊のパイロットに志願し合格したが、入隊直前に終戦を迎えた。玉音放送を聞きながら「神の国の世を再建する」と泣いて誓った。翌年キリスト教に出会い、戦中の世の中の異常さに気付いた。

 空知太神社の問題を知ったのは91年。通勤時に見かけた神社の土地の所有者を市職員に尋ねると「市の土地です」。「政教分離は二度と神社が国と一体になってはならない戒めのためにある。行政はその意識をしっかり持つべきだ」と04年3月、提訴した。

 約6年でつかんだ最高裁の違憲判断。谷内さんは「『こういう社会を作ってきた』と子供や孫に伝えたいという気持ちが私を支えている」と強調。「満足と残念、どちらが強いか」と問われると「捨てたもんじゃない。希望がある」と笑顔を見せた。【銭場裕司、安高晋】

 ◇「円満解決図りたい」砂川市長

 最高裁大法廷の違憲判断について、1審の札幌地裁で砂川市側の証人として出廷した空知太神社の氏子総代、佐藤勉さん(83)は「神社だけは残してほしいと期待している。(撤去されれば)苦労してこの地を開き、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈願してきた先人に申し訳ない」と話した。

 神社には宮司がおらず、佐藤さんら世話人15人が運営。これとは別に、神社が納められている町内会館「空知太会館」の運営は町内会と老人クラブ、神社役員会でつくる運営委員会が行っている。初詣でと4、9月の例大祭で会館を使用している神社側は年間6万円の使用料を運営委に支払っているという。佐藤さんは「今も初詣でに200~300人余りの参拝者がある」と述べ、地域に根付いていることを強調した。また、町内会の会長(73)は「神社の運営に一切タッチしておらず、お話しすることは何もない」と述べた。

 一方、砂川市の菊谷勝利市長は20日、市役所で会見し、「違憲状態と判断されたのなら、それを取り除くのが私の責任。弁護士と相談し、運営委の皆さんと話し合い、早期に円満解決を図りたい」と話した。その方法として「(神社の)撤去が一番いいが、賃貸や(土地の)売却も考えられる」と説明。さらに、同じく市有地に建っている一の沢神社と吉野水天宮の2施設についても、解決策を図る意向を示した。

 空知太神社は1892(明治25)年、現在地近くの場所に建てられたほこらが始まり。11年後、現在地に移され、1970年、町内会館の建設に伴って会館内に納められた。菊谷市長は、神社が移転した時は民有地だったが、その後、民有地が市に寄贈された経緯を説明し、「特定の宗教団体に恩恵を与えたとは考えていない」と話した。【西端栄一郎】

【関連ニュース】
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
北海道・砂川の神社住民訴訟:「神社に市有地」違憲か 政教分離、あす大法廷判決
質問なるほドリ:首相の伊勢神宮参拝って、決まりごとなの?=回答・山田夢留
裁判:小林衆院議員派選挙違反、2月中に結審 「砂川訴訟」20日に判決 /北海道

公有地に神社は「違憲」 北海道砂川市の政教分離訴訟、最高裁大法廷(産経新聞)
阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
朝日社説「小沢氏に進退を問う」 石川議員逮捕に新聞各紙厳しい論調(J-CASTニュース)
<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
実り多い年願う 梅に稲穂の簪(産経新聞)

女性、無党派層「鳩山離れ」一気に(読売新聞)

 読売新聞社の緊急全国世論調査で、鳩山内閣支持率は45%に急落し、国民の「鳩山離れ」が一気に進んだことが鮮明になった。

 その要因の一つは女性の離反にある。女性の支持率は41%(前回55%)に下落し、初めて不支持率43%(同32%)が上回った。男性の支持率も57%から50%に下がったが、落ち込みは女性が著しい。

 支持政党のない無党派層でも鳩山内閣への支持は大きく揺らいだ。無党派層に限ってみると、内閣支持率は前回の38%が24%となり、不支持率は55%(前回45%)で初めて過半数を占めた。無党派層では「小沢氏は幹事長を辞任すべきだ」と思う人は73%(全体では70%)、幹事長続投を認めた鳩山首相の判断を適切だとは思わない人は72%(同68%)と高く、「小沢問題」が引き金になったようだ。

 民主支持層を見ると、内閣支持率は90%と高水準を維持しているが、今夏の参院比例選で民主党に投票すると答えた人は69%(前回76%)に減った。小沢氏の幹事長続投や、これを容認した首相の判断への批判は民主支持層でも強く、参院比例選での投票先にも影響したと言えそうだ。(世論調査部 寉田知久)

<ハイチ大地震>日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」-横浜検審(時事通信)
6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損-東京地裁(時事通信)
<政府>政治主導確立法案概要 政府入り国会議員の上限拡大(毎日新聞)

<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)

 【宮城】大崎市岩出山の佐々木佼(さとし)さんは満100歳の今も電柱に登って切れかかった街灯の取り換え業務にいそしむ現役の街灯保守人だ。始めてから45年目になる。「もうやめたら」との周囲の声を尻目に、「社会の役に立ちたい。電柱に取り付いて死ねたら本望」と衰えを見せない。【小原博人】

 作業の受託区域は岩出山中心部から郊外にかけて六つの親交会(町内会)が管理する約250本の街灯。申し出があると、工具バンドを締めヘルメットをかぶり、3年前から作業の「相棒」になってくれた近所の知人、佐々木晃さん(77)運転の軽トラックで現場に向かう。

 街灯の地上高は8~10メートル。電柱に立て掛けた全長7メートルの内蔵式はしごを踏み上り、届かない所は電柱の足場を数段上がる。はしごは晃さんが支える。蛍光管は命綱と別のロープで引き上げる。取り換えに要する時間は10~15分。

 1909(明治42)年6月の生まれ。100歳になってからでも「30本ぐらい取り換えたかな」と淡々と話す。蛍光管費用と作業手数料の請求も自分でする。

 佼さんは戦中から東北電力の発電所などで働き、1965年の退職後まもなく岩出山で電気の検診業務に従事。その折、街灯の取り換えを頼まれたのが今に至るきっかけとなった。晃さんは自宅の電気関係の修理をしてくれた佼さんの腕と気概に感心し作業を手伝うようになった。

 佼さんは約10年前、妻に先立たれ子供も別に住んでいて自宅に1人暮らし。買い物、食事作り、洗濯など自分でこなす。たばこは20年前までたしなんでいたが、酒はほとんど飲まない。総入れ歯だが、和食中心の3食をしっかり取る。

 18年前に胆石を除去して以来、風邪を除いて病気知らず。身長156センチで体重47キロ。自転車に乗って街灯の見回りもする。耳がかなり不自由だが、街灯保守に懸ける佼さんの行動と気概は、事故を心配する声の一方、「岩出山の誉れ」との称賛も呼んでいる。

 佼さんの「街灯人生」は23日午後1時50分からNHK総合テレビの「百歳バンザイ!」で紹介される。

白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)
「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
<太陽光パネル>お砂場のお屋根で発電するよ 兵庫の保育所(毎日新聞)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
石川議員を逮捕=小沢氏団体の報告書不記載-政治資金規正法違反・東京地検(時事通信)

<常磐自動車道>自転車など投げ込まれる 茨城・つくば市(毎日新聞)

 10日午後11時10分ごろ、茨城県つくば市谷田部の谷田部インターチェンジ(IC)-桜土浦IC間の常磐自動車道路上に、高さ約12メートルの高架橋から自転車1台が投げ込まれた。通りかかった普通乗用車が自転車と衝突し、バンパー部分が破損したが、男性運転手(38)にケガはなかった。

 また、約7時間後にも、現場から約600メートル離れた高架橋から、自転車2台と消火器3本が投げ込まれた。

 事故などの被害はなかった。これにより、谷田部IC-桜土浦IC間で、合わせて約5時間にわたって時速50キロの速度規制がとられた。高速道路交通警察隊は、場所が近く、投げ入れられた物も似ていることから、同一犯とみて道交法違反(禁止行為)で捜査している。【杣谷健太】

大阪拘置所 建て替え計画を一部変更 住民要望で環境配慮 (産経新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
<阪神大震災>巨大モザイク画 防災の願い込め(毎日新聞)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え (産経新聞)

間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)

 ヨットとマラソンで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント間寛平さん(60)に前立腺がんが見つかったことが14日、分かった。同マラソン製作委員会が明らかにした。
 間さんはトルコ・イスタンブールの病院での検査で、前立腺がんと診断された。マラソンは続けられると判断され、ホルモン治療を受けながら完走を目指すという。
 間さんは「一日も早くゴールして、病気を治すようがんばります」とコメントしている。 

<始業式>都内の小中学校で 新型インフルの影響も(毎日新聞)
夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃-民法改正案(時事通信)
しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)
芥川賞は該当作なし(時事通信)
<坂出の社長殺人>「とにかく情報を」長男が100万円の懸賞金(毎日新聞)

港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)

 長崎の花柳街・丸山は幕末期、江戸の吉原、京の島原、大阪の新町と並び称される遊郭だった。その一角で、当時からの建物で営業を続けているのが、県の史跡に指定されている「史跡料亭『花月』」だ。

 寛永19(1642)年に創業した前身の「引田屋花月楼」は、江戸時代を通じて丸山で最も格式の高い遊郭とされ、当時も外国商人と取引しようとする各藩の藩士らが盛んに利用していたという。

 坂本龍馬ら海援隊や土佐藩も例外ではなかった。施設内にある資料コーナーでは、海援隊が英国水兵殺害を疑われたイカルス号事件で、龍馬が長崎奉行所に提出した抗議文の下書きなど約50点を展示、幕末の志士の勇躍もしのばせる。

 そして、今も大広間の床柱には、「龍馬がつけた」と伝えられる刀傷が残っている。

 「刀傷については、後に高杉晋作がつけたとか、さまざまな説が出てきたが、店では、まだ龍馬が国民的なヒーローになっていなかった大正や昭和初期の時代から、龍馬がつけた傷という説があった。当時はそれほど有名ではなかった人物であり、龍馬説は店のPRのためとも思えない。だから、むしろ信憑(しんぴょう)性があると思う」

 花月の従業員で、花月史編集プロジェクトリーダーの加藤貴行さん(38)は、こう話す。

                ×    ×

 戦後の高度経済成長期、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」で一気に知名度が高まった龍馬。長崎にも数多くのファンが生まれ、その熱烈な思いが結実した名所もある。

 市街地や長崎港を見渡す風頭山頂の風頭公園一角に立つ高さ約3メートルの龍馬の銅像は、立案から資金集めまで地元の青年らが進め、平成元年5月に建立された。発起人は筋金入りの龍馬ファンで、焼き鳥店「風雲児焼とり竜馬」を経営する河野健一さん(62)。昭和54年に開業し、全国から口コミで龍馬ファンが集まるようになった。常連たちの前で、「長崎に龍馬の銅像ば建てたかねえ」と口にしたのがきっかけで、建立計画が動き出した。

 計画には、地元の龍馬ファンでつくる「長崎龍馬会」の前会長、柴崎賀広さん(53)が真っ先に賛同した。「全国龍馬社中」の理事を務めるほか、「現代龍馬学会」にも所属するなど、龍馬一途の柴崎さんは、「まるで龍馬になった気分」で計画を推進。昭和62年6月には「龍馬の銅像建つうで会」が発足し、会長として建立に全力を挙げた。

 1千万円を目標に始めた募金は約1200万円に達し、計画のスタートからわずか2年で念願の銅像建立が実現。建立計画を足がかりに、建つうで会はその後、長崎龍馬会に発展し、全国の龍馬ファンの組織と交流などを続けている。

                ×    ×

 長崎を拠点に、龍馬自身も活動の舞台を広げ、数々の功績を残した。

 「歴史に残る龍馬の仕事のほとんどが、長崎に本拠地を持って以降。薩長同盟の実現、第2次幕長戦争での海戦、五箇条の御誓文の原型とされる船中八策の作成、大政奉還の立案、みんなそう。その長崎が、龍馬を忘れちゃいかんと思うたと」。柴崎さんは、龍馬に寄せる思いを熱っぽく語る。

 幕末当時、すでに横浜、函館、兵庫なども米英などに開港されていたが、長崎は長い鎖国の間もオランダ、中国との貿易が認められていた。

 司馬遼太郎は「竜馬がゆく」の中で、龍馬に「勝(海舟)先生、京のさきは大阪にすぎず、江戸のさきは小田原にすぎませんが、長崎のむこうは上海ですな」と語らせている。

 龍馬にとって、大きな飛躍の地となった港町・長崎。龍馬と長崎のかかわりについて、河野さんはこう指摘する。

 「龍馬は長崎の人やなかし、実際に住んだ期間は短かばってん、当時、日本で最も海外に向かって開かれていた長崎の街がなければ、亀山社中も海援隊も生まれんかったと思う」

                   ◇

 「龍馬と長崎」 龍馬が元治元(1864)年、初めて長崎を訪れたときの滞在日数は2月から4月にかけての41日間。約1年半後に亀山社中を結成するが、龍馬自身は京都、大坂、長州、薩摩を飛び回り、長崎にあまり落ち着いていない。その後の長崎での主な業績は、慶応3(1867)年春の海援隊の結成、同年5月のいろは丸沈没による紀州藩との賠償交渉、8月から9月にかけてのイカルス号事件の処理などがある。9月18日には、長州、土佐経由で兵庫に向けて長崎を出帆。11月15日に京都で暗殺され、長崎に戻ることはなかった。12月中旬には、長崎で海援隊士らによる慰霊祭が営まれている。(服部幸一)

【関連記事】
「龍馬伝」“幕末金八先生シリーズ第2弾”
龍馬の船「いろは丸」就航 ちょっぴり小さめ…ゆかりの福山
NHKに「龍馬伝」「坂の上の雲」で「PR番組多すぎる」との苦情
広末、“龍馬”福山との「純愛頑張ります」
「龍馬伝」初回は23.2% 「天地人」より下回る

x508q3q6の日記ブログ管理ツール
悩む助産師のぶろぐ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化

大阪・和泉市 市道整備事業で違法支出 入札、議決なく新グラウンド(産経新聞)

 大阪府和泉市が発注した市道整備事業をめぐり、不適正な支出があったとして、市議会が一般会計決算を認めない事態となっている。当初契約になかった代替グラウンドの整備が、入札を行わず、市議会の承認も経ないまま追加発注されたことなどが判明し、市は井坂善行前市長時代に違法行為があったと認定。損害額が確定すれば前市長や関係職員に賠償請求を行う構えをみせている。

 問題の事業は、市道上伯太線でグラウンドや貯水池をまたぐ高架を建設し、前後の道路と接続する工事。市は平成20年10月までに計約10億円の予算を計上、大阪市内の建設業者2社に工事を発注した。契約には、道路建設に伴って使えなくなるグラウンドを隣接地に移設する工事も含まれ、費用として約4900万円が盛り込まれた。

 ところが、この移設工事とは別に「地元野球チームへの補償」として、当初の契約になかった代替グラウンドを現場から約7キロ南で新たに整備するよう市側が業者に指示したことが判明。市議会の承認がないまま新グラウンドが造成されることになった。

 また、元のグラウンドの移設作業でも工事内容の変更が繰り返され、最終的にグラウンド関連の費用は、当初予定の約4倍となる約1億8千万円に膨らんだ。

 和泉市は21年6月の選挙で市長が交代。この事業についての補正予算案を検討する過程で一連の不適正支出が発覚し、同年10~11月に内部調査を行った。

 この結果、別工事である代替グラウンド整備で入札を行っておらず、工事費の増額に伴い市議会の承認を経ていないなど6項目の法令違反があったと認定。事業の担当者だった前都市デザイン部長ら数人を「市に損害を与えた恐れがある」と指摘した。

 事態を重くみた市議会は21年11月、工事費の一部が計上された20年度一般会計決算について認定しないことを決定。市も井坂前市長や関係した職員数人への賠償請求を検討し、損害額の確定を進めている。

 前市長らへの損害賠償請求を求めて住民監査請求を行ったグループの代表者は「特定の野球チームのために代替グラウンドを整備する必然性はなく、裁量の範囲を超えた違法な支出だった」としている。

 一方、前部長らは「野球チームに対する補償が必要だと判断した。工事では変更点が多く、本来その都度議会に諮るべきだったが、最終的にまとめて報告するつもりだった」と説明している。

1年間で100万貯める方法
ケーキのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化

イルカの餌やりを体験=鹿児島〔地域〕(時事通信)

 鹿児島市の「いおワールドかごしま水族館」は、希望する来館者がイルカの餌やりを体験するイベントを開いた。親子連れなどでにぎわい、来館者100人がプールサイドのイルカステージに上がり、飼育員の指示を仰ぎながら、餌やりを体験した。
 鹿児島市の田之内愛奈ちゃん(1つ)も餌やりに挑戦。手に持ったシシャモを投げ、イルカが口でキャッチしたのを見届けると、手をたたいて喜んだ。母の綾香さんは「怖がって泣くと思ったけど、上手に餌をやることができた。ちょっとお姉ちゃんになったかな」と娘の姿に目を細めた。
 餌やりの後は、餌をもらった4頭のハンドウイルカによるイルカショーも開かれ、来館者は一様に満足した様子。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕日本酒ベースのショコラ・リキュール=新潟
〔地域の情報〕「山鹿灯籠」見やすく公開=熊本県山鹿市
〔地域の情報〕カピバラ温泉で癒やされて=埼玉
〔地域の情報〕「雪との闘い」を展示=さいたま・鉄道博物館
〔地域の情報〕桑の葉パンが誕生=群馬

甘い果実
ひさおのブログ
ショッピング枠現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化 比較

成年層でインフル患者増加=累積、近年で最多に(時事通信)

 インフルエンザ患者が4週連続で減少する中、20歳以上に限れば前週よりも増加していることが7日、厚生労働省などのまとめで分かった。流行入りからの累積患者数は推計約1753万人で、2001年以降で最も流行規模が大きかった04~05年シーズンの1686万人を超えた。
 同省の中嶋建介感染症情報管理室長は「今後の推移は分からないが、過去10年のピークと比べてもまだまだ流行のただ中にある」と警戒を呼び掛けている。 

IT系≦NG系
財布をなくしたよ!
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産

<総務省>鈴木事務次官が退任 後任に岡本氏(毎日新聞)

 原口一博総務相は7日、鈴木康雄事務次官を退任させ、後任に次官級の岡本保総務審議官を起用する方針を固めた。鈴木次官は自公政権下の昨年7月に就任したばかり。1年に満たない退任は異例で、人事でも政治主導を印象づけたい狙いがあるとみられる。

 岡本審議官は旧自治省出身で、鳩山政権が最重要課題に位置づける地方分権改革の推進を強化する。

 鈴木次官は旧郵政省出身。次官級ポストに格上げする内閣官房郵政改革推進室長への就任が検討されており、1月中旬にも発令する。郵政改革推進室は昨年10月末に発足し室長が就任したばかりだが、見直し作業の遅れから体制強化に踏み切る方針。【石川貴教】

【関連ニュース】
原口総務相:放送局への出資規制を一時緩和
政務三役会議:総務省は公開に…原口総務相が意向
住基ネット:非接続「国の提訴可能に」 総務省研究会提言
衆院選:有権者数を訂正 総務省
総務相:「通信技術」先進校視察 活用事業復活に強い意欲

家系ラーメンのルーツ
えいじのブログ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

司法書士政治連盟が寄付を虚偽記載…司法書士2人が告発(産経新聞)

 日本司法書士連合会の政治団体「日本司法書士政治連盟」(日司政連、東京)が傘下の地方組織からの寄付を、司法書士個人からの寄付と偽って政治資金収支報告書に記載したなどとして、埼玉県内の司法書士2人が、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪で、日司政連や日司政連幹部に対する告発状を東京地検特捜部に提出した。告発した司法書士が6日、会見して明らかにした。提出は5日付。

 政治資金規正法では、地方組織から会費を受け取った際、寄付として政治資金収支報告書に記載するよう義務づけられている。告発状によると、日司政連は平成18~20年の3年間、地方組織からの寄付計約1億3千万円を収支報告書に記載せず、同じ3年間に個人会員から計約1億5千万円の寄付があったと虚偽記載したとしている。

 日司政連は各地の地方組織で構成され、個人会員はいない。告発した司法書士は「悪質な違法行為。司法制度への信頼低下を招く恐れがあると考え、告発に踏み切った」としている。

【関連記事】
特捜部が小沢に“出頭要請” 不明「17億円」追及へ
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取
やっぱりおかしいよ…すべて周りのせい、首相に疑問の声
司法書士が1千万円流用、その後自殺
強制執行妨害事件 新たに司法書士の男逮捕

きよはるのブログ
かずこのブログ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 

<土浦通り魔事件>金川被告の死刑確定(毎日新聞)

 茨城県土浦市のJR荒川沖駅通り魔事件などで9人を殺傷し、殺人罪などで死刑判決を受けた同市中村東3、無職、金川真大(まさひろ)被告(26)の判決が、控訴期限の5日午前0時確定した。先月18日の水戸地裁判決を受けて弁護士が即日控訴したが、同28日、金川被告自ら控訴を取り下げていた。

 金川被告は同25日の毎日新聞記者との面会で「(被害者に言いたいことは)まったくない」と謝罪の意思を示さず、死刑確定後、親族以外の面会ができなくなることについても「寂しくない」と淡々と語った。

 手紙や面会で金川被告の心理検査を続ける長谷川博一・東海学院大教授(臨床心理学)は「恐怖や寂しさなど自覚していない負の感情が、実際は心の奥に眠っているのではないか。家族関係の中で孤独な心を崩壊から守るため、自然とそういう心の働きが身についた可能性がある」と指摘した。

 判決によると、金川被告は08年3月19日、土浦市の三浦芳一さん(当時72歳)方で三浦さんを包丁で刺殺。4日後、JR荒川沖駅などで8人に切りつけ、同県阿見町の山上高広さん(当時27歳)を殺害し7人に重軽傷を負わせた。【原田啓之】

【関連ニュース】
土浦連続殺傷:死刑判決の金川被告、控訴を取り下げ
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
土浦通り魔殺人:金川被告に求刑通り死刑判決 水戸地裁
土浦通り魔殺人:判決公判始まる 裁判長は主文を後回しに
茨城・土浦の9人殺傷:金川被告、死刑確定へ 控訴取り下げ、「何も思わない」

楽市楽座
Porter23のブログ
現金化口コミ
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン

助成金 野党側に重点配分 民主方針 国会審議を活性化(産経新聞)

 民主党は6日、国会改革の一環として、政党助成金や立法事務費などを自民党など野党側に重点配分する方針を固めた。野党の活動を支援することで、国会審議を活性化させるのが狙い。小沢一郎幹事長が主導して検討を進め、18日召集予定の通常国会で関係法改正を目指す。ただ、ライバル自民党を利することになるため、民主党内では小沢氏らの真意をいぶかしむ声が出ている。

 与党は「政治家同士の討議を活発にする」ため、官僚の答弁禁止を柱とする国会審議活性化関連法案の通常国会での成立で合意している。だが、小沢氏はこれで十分とは考えておらず、昨年12月25日には「野党が主導権を持つ仕組みに変えたい」と語っている。

 小沢氏周辺によると、民主党が野党のころからの小沢氏の考えだったが、野党時代には民主党主導の法改正は困難だった。民主党が与党になり、今この改革を断行すれば「敵」である自民党に塩を送ることになるが、持論を貫く構えだという。

 周辺は「先の衆院選で民主党が勝ちすぎたため、小沢氏は『健全な二大政党になっていない』と思っている」と指摘する。

 具体的な制度設計はこれからだが、まず立法事務費の見直しを検討する見通し。立法事務費は、立法に関する調査研究のために各会派に対し、議員1人当たり月額65万円で算定して支給されている。衆参合わせて民主系会派に年間約33億円が渡る一方、自民系会派は約16億円にとどまる。

 政党助成金は政党に支給され、所属議員数や得票率に応じて配分される。平成22年の民主党への配分額は約173億円、自民党は約104億円。

 ただ、野党への重点配分は、陳情を民主党幹事長室経由に限るなど自民党つぶしを進めてきたといわれる小沢氏のこれまでの行動と矛盾するようにも見え、民主党内では、「小沢さんの真意がよく分からない」(幹部)と、戸惑いも広がっている。別の幹部からは「自民党に国会改革など別の案件をのませる交換条件ではないか」との見方も出ている。

にゃんどるへの道
たかおのブログ
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
競馬サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。